講師のこと

にしむら くみこ
いちご先生

 プロフィール 

食への探求心から栄養士となり、企業の社員食堂のメニュー提案を経て、ホテルのフレンチレストランや創作料理店で腕を磨く。

企業の食材カタログ制作に携わり、レシピの企画や美しく食卓を飾るコーディネート、撮影を数多く手掛ける。料理サイト「E・レシピ」にレシピ提案も。

現在、京都のカフェで野菜をふんだんに使ったランチを提供。

1970年生まれ、京都在住。地図と路線図を見るのがすき。大好物はいちごとだし巻き。

 ichigosensei.JPG

■いちご先生が思うこと

料理は科学実験と同じ。実験は失敗して成功するもの。だから「失敗したっていいやん」と思います。

失敗することで、食材の性質がわかってきますから。そんな風にしてわたしは日々、おいしさの創造をたのしんでいます。

日本には便利な加工品がたくさんあって、すぐに食べられる食品で溢れています。でも、時間をかけて手作りするのもいいもの。

安全でおいしいし、達成感が得られます。何より、こころもからだも満たされて、豊かな時間になります。

受講料(一般6,000円)が高いと思う方もいるかもしれません。このお金でいろんな物が買えますしね。

でも、習得したことは自分の力になります。わたしが長年の経験から得た知識や技をお伝えして、ゆたかな時間を作るお手伝いをしたいと思います。